クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

投資と投機とギャンブルの違い!あなたはどれをする?

 
投資と投機とギャンブルの違い!あなたはどれをする?
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

投資って、ギャンブルでしょ!?危ないからやらない方がいいよ。

タケ

そんな知識では今後の日本で生きていけないよ!。

もう一人のタケ

将来に対する不安が大きくなっている今の日本で、投資の知識は必要不可欠になっています。

お金をどのように運用していくのかを知っているのと知らないのでは大きな差です。

  • 投資=ギャンブル
  • 投資と投機の違いがわからない
  • 知らない間に投機をやっていた

こんな知識では将来損をしてしまいます。

でも、安心してください。

私もかつては月収10万円のフリーターでしたが、危機感に危機感が募った結果、勉強して100万以上の投資をするに至っています。

実際に勉強して見るとそれほど難しくないので、一緒に投資を勉強していきましょう!

今回は投資・投機・ギャンブルの違い編です。

投資と投機とギャンブルの違いは?

投資と投機・ギャンブルの違いは

  • 投資:企業や国の成長にお金を入れていく(成長にお金を費やす
  • 投機:短期的な利益を狙い、資産を大きく増やす。ただし、その分リスクも大きい
  • ギャンブル:勝負事に賭ける。胴元がいるので損をする

投資の場合は成長する企業・国などを見極めることができれば、プラスになっていきます。

投機は短期的に大きな利益を狙うもので、運要素が強め。ギャンブルは基本的に損です。

投資と投機・ギャンブルには違いがある。

タケ

資産形成をしていく上では投資をしっかりしていく必要がある。投機は運次第の部分が大きい。

もう一人のタケ

投資

投資は企業や国の成長にお金を入れていくことです。

長期的に投資することが大切で、投資の基本は「長期・積立・分散」で、経済が成長すれば、利益を得ることができます。

日本経済はそれほど好調ではありませんが、世界経済は成長を続けているので、世界に投資していくのが主流です。

長期・積立・分散を自動で行うサービスも誕生している。

タケ

投資は短期で大きなリターンを狙わない。コツコツやっていく。

もう一人のタケ

投機

これは大きく資産を増やす可能性もありますが、大きく資産を減らしてしまうこともあります。

短期間勝負で、資産を大きく増やすためにするのが投機です。

  • 投資よりもギャンブルに近い
  • 最近だと仮想通貨がいい例
  • 大損することを視野に入れてやる必要がある

これが投機の特徴なので、投機をやる場合はなくなってもいいお金でやることが大切になってきます。

仮想通貨を例にするとわかりやすい。一気にお金を増やせる可能性はあるけど、減る可能性も高い。

タケ

お金があまりない人がやると、家計が厳しい状況になりかねない。

もう一人のタケ

ギャンブル

ギャンブルはパチンコや競馬が有名ですが、ギャンブルのデメリットは確実の儲ける人がいること。

  • 競馬→運営
  • パチンコ→パチンコ屋

これがギャンブルで、利益を上げることはできないと考えていいでしょう。

ゲーム感覚でやるのはいいんですが、将来の資産形成という意味では効果がありません(効果がないどころか激しい逆効果)

ギャンブルはお金を稼ぐ目的でやってはいけない。遊びでやるのはいいけど、ほどほどに。

タケ

ギャンブルをやるぐらいなら、投資でコツコツ資産形成を目指す方がいい。

もう一人のタケ

日本でよく言われるのは投機。投資じゃない

  • 投資は大損するからやめた方がいい
  • 投資はギャンブル

と言われますが、基本的にここで使われている「投資」は「投機」の意味。

日本では投機のことを投資だと思っている人が数多くいます。

  • 1年で資産を2倍に増やす!
  • 手元の100万円を3年で10倍!?

みたいなのは全て投機であり、日本では「投資」が広く知れ渡っていません。

投資の基本「長期・積立・分散」とは?

投資の基本は「長期・積立・分散」だということは触れましたが、具体的に解説すると・・・

  • 長期:10年・20年スパンで投資していくこと
  • 積立:毎月一定額(または一定に近い額)で投資すること
  • 分散:投資対象を一点集中させないこと

この3つが基本です。

「資産3年で2倍」「100万円を200万円に」などといったことがいかに投資の本質と離れているかがお分りいただけるかと思います。

投資の基本をしっかりと理解しよう!

タケ

短期間で資産を大きく増やすのは投機。本屋さんにある投資本も投機本であることが結構多い。

もう一人のタケ

投機とギャンブルは大損覚悟で!

投機とギャンブルはできるだけやらない方がいいかと思いますが、やる場合は大損覚悟で挑みましょう。

  • 仮想通貨で100万を1000万に増やした人もいる⇆仮想通貨で1000万を100万にした人もいる
  • ギャンブルは基本的に損をする(まだ投機の方がマシか)

リスクが少なくて、リターンだけが大きいものは存在しません。

投機とギャンブルをやる場合は大損確保でやらないとダメ。

タケ

でも、利益に目が眩んでやってしまう人が多い。投機とギャンブルは怖いもの。

もう一人のタケ

初心者が投資の基本「長期・積立・分散」を始める方法

投資初心者が「長期・積立・分散」を始める方法は

  • ロボアドバイザーの長期投資する
  • 短期を投資を繰り返して、長期投資にする

この2つのパターンがあります。

それぞれについて、ここで解説していきます。

ロボアドバイザーで長期投資

ロボアドバイザーは長期・積立・分散を自動で行ってくれるもので、難易度が最も低い投資です。

が代表的なロボアドバイザーで、ウェルスナビは10万円〜、THEOは1万円から運用できます。

投資資金が10万円以上ある場合はウェルスナビ、10万円未満の場合はTHEOがオススメ。

ロボアドバイザーに関しては関連記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

短期の投資を繰り返し、長期投資にする

こちらは自動で運用するわけではないので、ロボアドバイザーよりも少し難しいですが、1回の投資が短い期間で終わるのがメリットです。

やり方としては

  • ソーシャルレンディングで半年〜1年投資
  • 運用期間が終了
  • 再び新しい案件に半年〜1年投資
  • これの繰り返し

この手順です。

が代表的なソーシャルレンディング業者で、運用期間も短めです。

ただ、1つ注意点があって、それは「1つの案件に集中投資するのではなく、複数の案件に分散投資すること」です。

10万円を1つの案件に投資するのではなく、1万円を10個の案件に分散投資するイメージで投資してください。

表にまとめました

短期or長期始め方
長期自動運用ウェルスナビ(10万円〜)
THEO(1万円〜)
短期の運用繰り返し【少額投資】funds(1円から運用できる)
クラウドバンク(1万円から運用できる)

並行して行うこともできますし、結構少額で行えます。

投資は経験と知識が大事なので、自分に合った方法を見つけてくださいね!

実際に投資を経験して、自分に合った運用方法を見つけていくことが大事。

タケ

運用の知識は将来の自分を助けます。経験と知識を早い段階でゲットしておこう!

もう一人のタケ

まとめ:投資と投機とギャンブルの違い!基本に沿った投資の始め方

日本では投機のことを投資と読んでいることが多々ありますが、投資と投機・ギャンブルは違います。

  • 投資:企業や国の成長にお金を入れていく(成長にお金を費やす
  • 投機:短期的な利益を狙い、資産を大きく増やす。ただし、その分リスクも大きい
  • ギャンブル:勝負事に賭ける。胴元がいるので損をする

この違いがあります。

一気に利益を狙うのは危険なので、将来の資産形成したい場合は投資を身につけましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.