元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

ひふみ投信はダメな理由!儲け心で投資したなら考え直すべし!

 
ひふみ投信はダメな理由!儲け心で投資したなら考え直すべし!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

ひふみ投信はあまりよくない?

タケ

あれだけ運用益が出てたのになんでよくないの!?

もう一人のタケ

今回はひふみ投信が初心者にとってあまりよくない理由について解説します。

実際にかなり利益が出ると話題になった時期もあったひふみ投信ですが、2017年にあったような勢いを感じなくなってきています。

2019年は若干取り戻しつつありますが、初心者の方には運用益と損失に一喜一憂することがいいとは言えません。

  • なぜひふみ投信がいいと言えないのか?
  • 初心者向けの投資はどんなものがあるのか?

のあたりについて、今回の記事では解説していきます。

ひふみ投信がダメな理由〜ひふみ投信だからダメというわけではない〜

ひふみ投信はアクティブファンドです。

このアクティブファンドに関しては

「アクティブファンドはインデックスファンドに負ける」

という言葉があるように、アクティブファンドの運用実績は長期的に見るとインデックスファンドに負けます。

ということは長期で運用益を出していこうとした場合、アクティブファンドであるひふみ投信は向いていないことになります。

投資信託に投資する場合はアクティブファンドよりもインデックスファンド。

タケ

ひふみ投信が悪いというよりはアクティブファンドだと成果が出にくいよ。

もう一人のタケ

基本はインデックスファンドへ投資

投資信託に投資する場合は基本的にインデックスファンドに投資するのが基本。

なぜアクティブファンドの方が負けると言われるかと言いますと、単純に手数料が高いからです。

  • インデックスファンド:0.1%~0.2%ほどの手数料
  • アクティブファンド:1%前後の手数料

「たかだか1%ほどの手数料なんて・・・」と思うかもしれませんが、100万円投資した場合0.5%違うだけで、5000円ほど変わってきます。

それが積み重なっていくと徐々に手数料の負担が大きくなっていき、インデックスファンドの運用益にも勝てないとなると勝機はありません。

一時的にアクティブファンドが勝つことは十分にあり得ますが、長い目で見ればインデックスファンドが勝ちます。

アクティブファンドは手数料が高い。

タケ

それが原因で、アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない。

もう一人のタケ

なぜアクティブファンドは手数料が高い?

アクティブファンドの仕組み

アクティブファンドは上のイラストのように、ファンドマネージャーに委託する形で運用します。

インデックスファンドは日経平均やNYダウ、S&P500などのような指数に連動します。

簡単に言えば、アクティブファンドの方が人と手間が掛かるので、手数料が高くなり、インデックスファンドに勝てない大きな原因です。

「ファンドマネージャーがかなり優秀で、ガンガン稼げれば・・・」と思う人がいるかもしれませんが、その確率は限りなく低く、手数料負けしてしまいます。

インデックスファンドとアクティブファンドの違いをざっくりと知っておけばOK。

タケ

大事なのは手数料の違い。手数料負担分を運用で補わないといけないけど、基本的に無理だよ。

もう一人のタケ

ひふみ投信でダメな運用をしてしまった人はなぜそうなったか?

とはいえ、ひふみ投信は運用益をかなり出していた時期もあります。

一時期はインデックスファンドを上回る実績を出していましたが、なぜ多くの人はその運用益をモノにできなかったのでしょうか?

その理由は大きく2つ

  • 運用益が出てる状態にの時はもっと利益が出ると思ってしまう
  • 損失を出た時に冷静さを失う

この2つです。

運用益が出てる時に案外終わらせられない

運用益が出てる時に運用を終了させられる人はそこまで多くありません。

実際に以下のような運用になっていた時にあなたはどうしますか?

期間運用益
1ヶ月目+1万円
2ヶ月目+2万円
3ヶ月目+3万円
6ヶ月目+5万円
1年後+2万円

これならやめるだろうと思う人が多いかと思いますが、実際に5万円プラスがあったことを頭から消すことができません。

これは実際に体感しないとわからないことですが、意外と運用益が下がってきた時に利益確定するのは難しいです。

  • もっと早く損切りしておけば
  • 5万円あったものが下がってきたから、また上がるだろう

こんな感じでなかなか利益を出せないんです。

そして、利益を確定しないままズルズルと下がっていってしまった結果、損をしてしまうのです。

5万円の含み益が出てた状態から下がっていくと、どうしても5万円を意識してしまう。

タケ

そのままズルズル持ち続けてしまって、マイナスになってしまうことがあるよ!

もう一人のタケ

損失が出てる時に冷静さを失う

損失が出たときの対応も冷静に判断できなくなりがち。

  • マイナス1.3万→マイナス1万円になった時にやめよう
  • 今より2000円ぐらいはよくなるかもしれない
  • もうダメだ!

こういったことを考えてしまって、冷静な判断が下せなくなります。

損失が出ているときの方が冷静さを失う傾向にあるので、損失した時ほど運用計画をしっかり見直しましょう!

損失が出てる時に冷静さを失ってしまう。そして、判断が狂ってしまうよ。

タケ

損失が出た時ほど焦って判断せずに、ゆっくり判断する。ネガティブ情報しか目に入らなくなったり、その反対もあるから注意。

もう一人のタケ

冷静さを失わないためにはどうしたらいいか?

冷静さを失わないためには

  • 運用する前から運用計画を決めておく
  • 事前の想定が全て

損が出てから対応しようとすると冷静に対処できないので、あらかじめ損したケースと運用益が出たケースを想定しておきましょう。

運用計画を事前にしっかりと練っておくことが大切になります。

事前の想定こそがものすごく大事!最初に運用想定しておこう!

タケ

でも、そもそもひふみ投信って初心者向け?ここからは初心者向け投資を見ていくよ。

もう一人のタケ

ひふみ投信はそもそも初心者向け?

ひふみ投信は初心者向けの投資とは言えません。

アクティブファンドよりインデックスファンドの方は初心者向きで、さらに売却する必要がなくほったらかせる投資も今はあります。

なので、ひふみ投信に投資するのは初心者が取るべき戦略としてはいいとは言えません。

少額でほったらかしでできる投資が今は出てきてまして、

【1万円以内でできるほったらかし投資】

これらの投資は運用期間が終了するまで、放置で運用することができます。

このようなほったらかし投資を運用しつつ、インデックスファンドをつみたてNISAで運用し、興味がある人だけアクティブファンドを運用するイメージでいいかと思います。

ちなみに私はアクティブファンドには少しだけ(1万円以内)投資して、今は投資額を増やしていません。

【少額ほったらかし投資に関する参考記事】

クラウドバンクとfundsどっちがいい?少額投資2つを比較・検証!

ほったらかしであまり負担がないような投資から始めるのもあり!

タケ

投資初心者の人はむしろそれの方が始めやすいよ!

もう一人のタケ

まとめ:ひふみ投信がダメな理由!アクティブファンドは厳しい

ひふみ投信はアクティブファンドであり、インデックスファンドの実績を逆転するのは簡単ではありません。 

ほぼ不可能なことなので、投資初心者の方は他の投資からスタートさせていくのがオススメ。

ほったらかしで運用できる初心者向けの投資もありますので、投資がよくわからない方はそのような投資から始めるのもアリですよ!

【1万円以内でできるほったらかし投資】

【参考記事】

クラウドバンクとfundsどっちがいい?少額投資2つを比較・検証!

今すぐにできる少額投資まとめ!10分・1万円以内で可能!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.