フリーターでも運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

クラウドクレジットのおすすめファンドはどれ?投資案件の見方を解説!

 
クラウドクレジットのおすすめファンドはどれ?投資案件の見方を解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

クラウドクレジットは一体どんな投資になるの?どのファンドに投資したらいいのか教えて。

タケ

まぁ、焦るな。ファンドの見方と運用成績をまとめたから、それを見てくれ。

もう一人のタケ

今回はクラウドクレジットのオススメファンドについて。

クラウドクレジットで案件を選ぶ時のどのような基準で、ファンドを選べばいいのでしょうか?

  • 投資前に見ておきたいものは一体何か?
  • 投資する時に大事なのことは何?

この2つを知っておくだけで、投資の質はグッと向上します。

ファンドを選ぶ基準を解説しましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

クラウドクレジットの年間運用成績を公開

クラウドクレジット2019年の年間運用成績が出ましたので、紹介します。

クラウドクレジット

2018年11月に投資した案件が2020年1月に償還され、10万円→10万7466円となりました。

利回りにすると7%ほどのなっていて、それなりの運用実績になりましたが、この投資はあまりいい投資方法ではありません。

では、この投資手法のどこがいけないのかをファンドの選び方とともに解説していきます。

運用成績的にはプラスになったけど、そんなにいい投資方法ではない。むしろダメ。

タケ

なんでこの投資がダメな方法なのかを解説していくね。1年半ぐらい前に投資した案件だから、まだ勉強が足りてなかったです。。。

もう一人のタケ

クラウドクレジットのファンドの選び方おすすめ

クラウドクレジットのファンドの選び方おすすめ

クラウドクレジットのファンドの選び方のおすすめは

  1. リターンマップを見ること
  2. 複数案件に分散投資
  3. 利回りは二の次に考える

が重要ですが、先ほどの投資は②を怠っていました。

複数案件に分散投資(30の分散が理想)

おすすめファンドの選び方以前に最も重要なのが分散投資で、30案件の分散が効果が高いとされています。

公式サイトにも書かれていますが、かなりの分散が必要です。

もうお気づきの方がいると思いますが、先ほどの私の投資は5万円×2案件にしか投資していないので、分散が甘いと言わざるを得ません。

【クラウドクレジットへ投資する時の注意事項】

  • 30案件に投資するのが理想
  • 投資資金が30万円以下の場合は1つの案件に投資する額1万円が理想
  • 最低投資金額1万円で投資をスタートする場合は1万円投資してOK

利回りが高い案件が揃っているので、ついつい利回りが高い案件に投資してしまいがちですが、まずはしっかりと分散させることからスタート。

投資資金的に30案件も分散できないという方(投資資金30万円未満)も多いかと思いますが、その場合は「1つのファンドに1万円投資する」という考え方でOKです。

複数案件に分散投資をするのが重要。1つの案件への投資金額を小さくしよう!

タケ

1まずは分散投資をしっかり押さえる。ここからは具体的なファンドの選び方を紹介していくよ!

もう一人のタケ

リターンマップの「A」

クラウドクレジットにはリターンマップというものがあり、そこをみておくことはかなり重要です。

公式サイトのリターンマップを見ると案件に対して、上の画像のような基準で評価されています。

このリターンマップの「A」案件に投資するのが基本で、「D」や「E」案件には投資しないようにしましょう。

ただ、運用している途中で評価が変わることもあるので、1つの基準だということは理解しておく必要があります。

ファンドは常に入れ替わるので、「オススメはこれ!」と言えないんですが、このリターンマップを参考にしていれば、だいぶ判断しやすくなりますので、リターンマップを活用してみてください!

リターンマップを活用していくことが大事。ここは投資する前に必ず見ておこう!

タケ

全く難しくなく、評価を見ていくだけ。1分で目が通せるので、必ず投資前に見ておこう!

もう一人のタケ

利回りは二の次

ファンドの一覧を見ていくと、どうしても利回りが高い案件に注目してしまいます。

大きな利益が欲しいので、利回りに目がいってしまうのは仕方がないことですが、利回りを最優先にしないようにしましょう!

  • リターンマップをまずは見る
  • 分散投資を心がける

この2つがとにかく重要で、利回りは二の次、三の次ぐらいでもいいくらいです。

とにかく元本割れを少なくすることが大切なので、リターンよりもリスク低減を重視して投資していきましょう。

マイナスを少なくすることができれば、自ずと運用成績も上がっていきます。

【公式サイトは以下から↓↓】

利回りを重視しがちになるけど、利回りは後回し。

タケ

リターンマップと分散投資を意識して投資しよう。私の運用実績は真似しちゃダメだよ!(反省中)

もう一人のタケ

クラウドクレジットの投資ファンドの特徴

クラウドクレジットの投資ファンドの特徴は

  • 新興国投資であること
  • 利回りが高いこと

これらの点について、詳しく解説します。

新興国投資であること

クラウドクレジットは新興国へ投資しているという特徴があります。

  • ペルー
  • カメルーン
  • 東欧諸国

など、新興国投資が多いので、日本に投資するよりはややリスクが大きめ。

だからこそ、先ほどのリターンマップや分散投資が重要になってきます。

新興国に投資するということはリスクがありますが、リターンも大きいので、それがクラウドクレジットの1つの魅力です。

新興国に投資できるのが魅力になっているよ。

タケ

実際にファンドを見てみたらわかるけど、新興国がズラリと並んでる!

もう一人のタケ

利回りが高いこと

クラウドクレジットの投資案件が利回りが高く、利回り10%超えの案件もあります。

利回り10%となると、かなり利回りが高く、実現するのは簡単なことではありません。

ただ、先ほどの私の運用実績を見てみると

クラウドクレジット

5万円の案件が5万4780円となっていて、年利回りに換算すると税引き前では10%ほどになっています。

様々な投資をやっていますが、利回り10%前後で運用できるものはほとんどなく、好調な時の株やFXぐらいです。

新興国に投資するので、リスクもありますが、リターンもそれなりに大きいのが特徴だと言えます。

【公式サイトは以下から↓↓】

新興国投資が大きな特徴のクラウドクレジット。

タケ

ファンドの選び方をしっかり勉強して、いい実績を出していこう。

もう一人のタケ

クラウドクレジット全体の運用実績も公開されています

クラウドクレジット全体の運用成績も公開されています。

クラウドクレジット

全体の利回りは4.67%となっていて、元本割れを起こしている人もいるのが上の図からはわかります。

投資である以上、絶対にプラスになるなんてことはありません。

だからこそ、投資する前にリターンマップをしっかり見たり、分散投資をしっかりする必要があるんです。

分散投資はどの投資をするにしても、役立つ知識になるので、是非参考にしてみてください!

運用成績は利回り4.67%。リターンマップを見たり、分散投資をしっかりして、運用成績をよくしよう!

タケ

どの投資をやってもリスクゼロはない。リスク管理をしっかり行えるかどうかが大切だよ。

もう一人のタケ

クラウドクレジットが行うファンドのリスク低減策

クラウドクレジット自体が行っているリスク低減策もあります。

運用業者が行っているリスク低減策をここでは見ていきましょう!

小口分散

1つの案件に対する投資額を小さくする分散投資は先ほど紹介しましたが、クラウドクレジット側でも分散投資を行っています。

  • 分散させることによって、リスク分散を低減することができる
  • 多くに分散すると、確率通りのところに収束していく

サイコロを10回振っただけだと「1」が多く出たり、「6」が多く出たりしますが、10万回振るとだいたい同じ確率になります。

こんな感じで数を増やしていくと確率通りのところに収束していく特性があり、分散を多くすることで、予定に近い運用を目指しているんです。

小さく分散して投資していくのがクラウドクレジットの特徴だよ。

タケ

投資家も事業者も分散が大事ということ。小口にすることでリスク低減を図っている。

もう一人のタケ

延滞債権買い戻し

延滞債権買い戻しをすることによって、損失を最小限にする方法も取られています。

これによって一定期間返済が滞った業者があったとしても、その損失は限定的に押さえることが可能です。

クラウドクレジット側がいろんな対策をしているよ。

タケ

これだけ高利回りの投資を長く継続して運用できているのはこのあたりが理由。

もう一人のタケ

まとめ:クラウドクレジットのおすすめファンドが「A」に分散投資

まとめ:クラウドクレジットのおすすめファンドが「A」に分散投資

クラウドクレジットに投資する時のポイントは

【投資のポイント】 

  • リターンマップをしっかり見て、「A」の案件を重視する
  • 分散投資をしっかりする(30案件が理想)
  • 投資資金が30万円以下の場合は1つのファンドへの投資金額を1万円以下にする

このポイントを押さえて投資するようにしましょう!

何も知らないで昔の私のような分散が効いてない投資をするのはやめましょうね!

【詳細や口座開設(無料)は以下から】

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA