元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

クラウドバンクってどう?2019年運用実績から見る投資の是非!

 
クラウドバンクってどう?2019年運用実績から見る投資の是非!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

クラウドバンクの運用実績って一体どうなの?興味はあるけど、やっていいものかどうかわからない。

タケ

今回はクラウドバンクの特徴を運用実績と共に公開するよ。一体どんなものなのだろうか?

もう一人のタケ

今回か「クラウドバンクは一体どうなのか?」についてです。

クラウドバンクはソーシャルレンディングの一種で、待つだけの投資としてCMが放送されたりするなどしています。

そんなクラウドバンクに投資するのは一体いいことなのでしょうか?

  • クラウドバンクの運用実績
  • クラウドバンクの特徴
  • クラウドバンクはどのような人に向いてるか?

これらの点を詳しく開設しますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

クラウドバンクってどう?2019年の運用実績は良好

クラウドバンクの2019年の運用実績は以下の通りです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-18-11.17.57-1-1024x738.png です

10万円を運用して、どれくらい運用が出るか調べた結果、利回りは7%を超える結果になりました。

途中で運用が終了した案件もあるので、運用益が月毎によって少し違ってきていますが、概ね500円〜600円ほどの運用益となっています。

利回りが5%以上になるとかなり運用としてはいいので、2019年の運用結果は好調だったと言えます。

2019年の運用実績は好調で、利回りもかなり良かった。

タケ

運用額が10万円だったので、そんなに増えた印象はないかもだけど、利回り自体はかなり良かったよ。

もう一人のタケ

クラウドバンクのメリット

クラウドバンクのメリットは大きく分けて

  • 1万円から投資できる(少額投資)
  • 待つだけで運用できる
  • 利回りの良さ
  • 比較的投資案件が多く、分散投資しやすい

これらの点が挙げられます。

1万円から投資できる

クラウドバンクの最低投資金額は1万円です。

運用期間も半年〜2年ほどのものが多く、自由に選べるので、比較的少額・短期間で投資することができます。

それほど大きなお金を用意しなくてもいいのが特徴で、投資の第一歩目としては始めやすい投資だと言えます。

  • 最初は少なめの金額で投資したい
  • 投資の第一歩を踏み出してみたい

という人は金額的にも期間的にも、負担がそれほど大きくない投資です。

1万円で投資できるのがクラウドバンクの大きな特徴。最近は1万円で投資できるものが増えてはきたけど、利回り的にはかなり大きい部類。

タケ

投資資金を多く用意しなくても、給料から十分に投資金額を捻出できるのがメリット。

もう一人のタケ

待つだけで運用できる

待つだけで運用できるのもクラウドバンクのメリットの1つです。

実際に私も数々の案件に投資してきましたが、基本的に投資家側がやる作業としては、

【クラウドバンクで投資家側がすること】

  1. クラウドバンクに登録(登録は無料)
  2. 審査待ち
  3. 審査に通ったら、実際に投資してみる
  4. 運用期間終了まで何もせず待つだけ

運用期間が始まったら、やることは何もなく、分配金を受け取っていくだけです。

普段の生活に負担になるようなことがない点も大きいです。

運用期間中に気にすることは何一つない。運用期間が終わるのを待つだけ。

タケ

たまに投資してることを忘れてしまって、運用期間が終了してるのを放置してしまうことがある。メールでお知らせは来るけど、それぐらい意識の中にないぐらい放置可能。

もう一人のタケ

利回りの良さ

先ほど運用実績を掲載しましたが、利回りはかなりいいです。

実際にいろんな投資をしていますが、利回り5%を超えるものは数少なく、基本的に売買を行なっていかないといけない上級者向けの投資になります。

ただ、投資にリスクがないことはないので、常にリスクのことは頭の中に入れておく必要あり。

リスク面については後ほど解説します。

利回りに関してはいい方だけど、リスク管理も重要。そのあたりの話をこの記事の後半で解説していくよ。

タケ

もう一人のタケ

比較的投資案件が多く、分散投資しやすい

比較的投資案件が多く、分散投資しやすいのがクラウドバンクの特徴です。

ソーシャルレンディング業者の中には人気が殺到して、投資案件がすぐに受付終了になってしまうケースがあります。

  • 募集は開始したけど、すぐに受付終了になってしまった
  • 受付開始時間にスタンバイできない
  • 抽選制に申し込んだけど、外れる

という問題があったりしますが、クラウドバンクの場合はある程度案件があるので、投資案件を選べます。

ソーシャルレンディングは1件の投資案件に集中して投資するではなく、複数の案件に分散投資するのが基本です。

なので、案件がある程度あるのはメリットの1つだと言えます。

【クラウドバンクを詳しくみたい方は以下から】

クラウドバンクのメリットはここに挙げた通りだよ。でも、ここからが気になるリスク面。いいところばっかり知ってても意味ないよね。

タケ

だから、ここからはクラウドバンクのリスク面を解説していくよ。最大かつ最も気をつけておかないといけないリスクを解説するよ。

もう一人のタケ

クラウドバンクってどう?〜どんなリスクがあるのか?

クラウドバンクの最も大きなリスクはデフォルトリスクです。

このデフォルトリスクがクラウドバンクにおける最大のリスクで、これさえ避けることができれば、基本的に運用は好調に推移します。

デフォルトリスクは投資した金額が返済されなリスクで、ソーシャルレンディング業界ではあり得ないリスクではありません。

  • maneoのデフォルト案件
  • みんなのクレジットのデフォルト案件
  • ラッキーバンクのデフォルト

などの案件が過去には起こっているので、大事なのは業者選びとなってきます。

未来のことは誰にもわかりませんが、過去のデフォルトが少ない業者に投資するのが鉄則だと言えます。

ソーシャルレンディングのデフォルトはあり得ない話ではない。過去の運用実績が全てではないけど、過去の実績はしっかりみていく必要がある。

タケ

では、クラウドバンクの過去のデフォルト率はどれくらいになっているのだろうか?

もう一人のタケ

クラウドバンクのデフォルトは0%(2019年8月現在)

定期的にクラウドバンクのデフォルト率は更新されていますが、最新の状況はクラウドバンク「元本回収率」として掲載されています。

元本回収率100%=デフォルト0%だということですが、クラウドバンクでは元本回収率100%(2019年8月現在)

なので、これまでのところ最大のリスクであるデフォルトリスクは回避できていると言えます。

  • ソーシャルレンディング最大のリスクはデフォルトリスク
  • クラウドバンクではデフォルトは起こっていない

なので、リスク面的にはかなり低減できますが、未来永劫デフォルトが起こらないなんてことはありません。

そのための対策の1つとして、分散投資が挙げられます。

クラウドバンクの過去の実績はいい。だから、今のところてが信用できる業者だけど、今後もそうとは限らない。

タケ

だから、リスク管理方法もしっかりと知っておこう。リスクは完全にゼロにはならないけど、知っておくだけでも価値があるよ。

もう一人のタケ

分散投資をしっかり行う

ソーシャルレンディングは分散投資が重要で、1つの案件に投資資金のほとんどを注ぎ込むのは厳禁です。

【分散投資の考え方】

  • 投資資金が仮に10万円あったとしたら、1つの案件に10万円を投資しない
  • 必ず複数の投資案件に分散投資する
  • 分散しておくことで、万が一デフォルトが起こった時の損失金額を減らすことができる

このような対策を事前にしておくことで、リスク低減を図ることができます。

【クラウドバンクを詳しくみたい方は以下から】

分散投資をしっかり行なっておくことが重要だよ。一点集中投資はクラウドバンクの場合ダメ。

タケ

集中投資しても利回りが上がるわけじゃない。分散投資が必須。1万円で投資する場合は分散できないから、気にする必要ないよ。

もう一人のタケ

クラウドバンクへ1万円投資した時の最大リスクは1万円

クラウドバンクの場合は投資した金額以上の損失を負うことがないので、1万円投資した場合の最大のリスクは1万円です。

FXのようなレバレッジを掛けた取引の場合は元本以上の損失になってしまうことがありますが、クラウドバンクの場合はそれがありません。

【クラウドバンクの特徴】

  • 元本以上の損失がないので、リスクをある程度計算できる
  • 利回りはそれなりにいい
  • 1万円という少額で始められる
  • 待つだけで運用できる
  • 比較的案件が多く、分散投資できる

これらがクラウドバンクの特徴になります。

リスク面の解説はこれで終わり。投資をする以上リスク面はあるけど、貯金も資産が増えていかないので、ある意味リスクあり。

タケ

少額で少しずつ資産運用を勉強していくと、だんだん理解が深まるよ。

もう一人のタケ

まとめ:クラウドバンクってどう?2019年投資実績から見る投資の是非

今回はクラウドバンクはどうなのかを特徴と過去の投資実績からまとめました。

2019年の運用実績はよく、資産を増やすことができましたが、リスク面やいい面をしっかり押さえておく必要があります。

自分にとって合っている投資なのかどうなのかをしっかり判断して、投資するようにしてみてくださいね!

 

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.