貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

クラウドバンクとfundsどっちがいい?少額投資2つを比較・検証!

 
クラウドバンクとfundsどっちがいい?少額投資2つを比較・検証!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

まずは少額で投資経験してみたいけど、何がいいのかわかんない!

タケ

今回は1万円以内で投資できるクラウドバンクとfundsを比較してみたよ!

もう一人のタケ

少額で投資初心者の人でも始めやすいfundsとクラウドバンク

1万円でも投資できるのが特徴のこの2つの業者ですが、一体どちらがいいんでしょうか?

  • クラウドバンクとfundsに実際に投資してみた感想
  • それぞれの長所と短所
  • 両者の共通点

などを詳しく比較しつつ、解説していきます

参考にしていただければ嬉しいです。

結論:初心者はfunds、リターン狙いならクラウドバンクに投資

結論としては投資初心者の方で小さく投資したい場合は【少額投資】funds、リターン狙いならクラウドバンクへの投資がオススメ。

【fundsとクラウドバンクの比較】

  • 1円で投資できるのがfundsで初心者向け
  • リターンはクラウドバンクの方が高い
  • 投資の特徴は両方とも似ている
  • 小さくする場合はfunds、リターン重視はクラウドバンク

投資初心者の方が最初に投資するには始めやすい投資です。

少額で投資したい人向けの投資がfunds、若干リターンが大きいのがクラウドバンク。

タケ

小さい金額で投資できるので、比較的始めやすい投資。ここからは両方の共通点と違いを見ていくよ!

もう一人のタケ

クラウドバンクとfundsの共通点

クラウドバンクとfundsの共通点は

  • 少額で投資できる(1万円以内)
  • 投資した後は運用期間終了まで待つだけ
  • 予定運用期間と予定利回りがあらかじめわかる

このような共通点があります。

これらの点を1つ1つ詳しく見ていきます。

少額投資できる

クラウドバンクは1万円〜、fundsは1円〜投資することができます。

株式投資は数万円〜10万円以上、FXに関しては30万円以上の初期投資金額が欲しいところですが、クラウドバンクとfundsは1万円以内で投資できるのが長所です。

投資はリスクがあるものではありますが、1万円以内できれば、気軽に投資経験を積むことができます。

  • 投資にいきなり大金を突っ込みたくない
  • まだ本格的に投資するつもりはないけど、少額で経験だけしてみたい

こんな方に向いている投資です。

少額で始められるのが一番の長所。

タケ

1万円なら出せない金額じゃないと思うので、最初の第一歩としては踏み出しやすい!

もう一人のタケ

予定運用期間終了を待つだけ

投資で一番失敗するのは損切りだと言われています。

損をした時に切るのが一番難しく、多くの人が損を確定できずに、損失を大きくしてしまいがちです。

  • 株式投資
  • FX

これらの投資で大損する原因は損切りにあり、「また株価が上がってくるだろう・・」という期待が損を大きくしてしまうのです。

その分高いリターンが受け取れるのも魅力ではあるんですが、クラウドバンクとfundsは運用期間終了をひたすら待つだけ。

運用期間中にやることが少ないので、精神的な負担や作業量面での負担が少なくなります。

株式投資やFXは損切りが難しい。元本も大きいので、損切りで失敗して大損する可能性がある。

タケ

予定運用期間終了を待つだけなら、チャートを毎日のように見る必要がなく、負担が少ないよ。

もう一人のタケ

先に予定運用期間と予定利回りがわかる

クラウドバンクとfundsでは投資する前に予定運用期間と予定利回りが表示されています。

これはfundsの条件例ですが、このように予定利回りの年率と運用期間が表示されていて、その中から投資案件を選んでいくことになります。

クラウドバンクも同様です。

あくまで予定なので、若干変動する可能性がありますが、投資する前の目安にすることができます。

あらかじめ大まかの運用予定がわかるので、投資計画が立てやすい。

タケ

ここからはクラウドバンクとfundsの違いを解説していくよ!どこが違うかな!?

もう一人のタケ

クラウドバンクとfundsの違い

ここまではクラウドバンクとfundsの共通点を書いてきましたが、ここからは両者の違いを解説します。

違いを理解して、有意義な投資を始めていきましょう!

fundsの方が安く投資できる

クラウドバンクよりfundsの方が安く投資できます。

  • クラウドバンク:1万円から投資できる
  • funds:1円から投資できる

fundsは1円という破格の安さで投資できますが、1円を投資してもリターンはほぼ受け取れません。

なので、実際は1000円以上ぐらいで投資をしないと経験にはならないと思いますが、それでも少額で投資できる選択肢があるのは1つのメリットです。

1万円でも十分安いけど、1円はかなりの安さなので、初心者向け。

タケ

安い金額で投資できるのがfundsの長所。

もう一人のタケ

クラウドバンクの方がリターンが大きめ

リターンの大きさはクラウドバンクの方が大きめです。

両者のリターンを比較した時に、

  • クラウドバンク:リターン6%~7%台の案件が多い
  • funds:リターン1.5%~6.0%

案件を見ていただければわかりますが、全体的にクラウドバンクの方がリターンが大きな案件が多いです。

リターン的にはクラウドバンクの方が大きめ。

タケ

リターンだけで考えるならクラウドバンク。少額で投資したい場合はfunds。

もう一人のタケ

投資案件はクラウドバンクが多め

投資案件はクラウドバンクが多めで、fundsの投資案件は結構少ないです。

  • クラウドバンク:常に数件の投資案件があることが多い
  • funds:案件が少なく、人気もあるので、投資案件がすぐに募集終了になる

fundsに関しては人気チケット発売の時のように、募集開始からすぐに投資受付が終了します。

投資機会を多くしたい人はクラウドバンクに向いています。

投資案件はクラウドバンクの方が多めになってるよ!

タケ

fundsは人気があり、投資案件も少なめなので、投資機会は少ない。

もう一人のタケ

過去の実績はクラウドバンク

クラウドバンクの元本回収率は100%(2019年8月現在)となっています。

最新の状況はクラウドバンク公式サイトから確認してください。

fundsに関しては2019年1月から投資案件の受付が開始されたばかりで、まだ運用実績が出せる段階ではありません。

  • 過去の運用実績がある:クラウドバンク
  • 運用実績はまだないが、少額投資できる:funds

という分け方ができます。

クラウドバンクとfundsどっちがいい!?

クラウドバンクとfundsのどっちがいいのかをまとめますと・・・

  • 1万円未満の少額で投資したい人はfunds
  • リターン・投資案件の多さを重視する場合はクラウドバンク

fundsは少額投資をしたい人向けで、クラウドバンクは1万円以上の投資元本があれば、投資案件とリターンが多いです。

2つの業者を比較して、投資先を決めてくださいね!

わからなければ2つともに投資するのもあり

2つ両方に投資しても、1万円ちょっとの金額です。

口座開設自体は無料・15分ほどでできるので、両方投資してみてどちらか合う方を決めるという方法もあります。

私は今両方とも投資してますが、最初はクラウドバンクに1万円を投資し、今はクラウドバンク10万円・fundsに1万500円投資しています。

  • まず少額でfundsに投資
  • リターンが大きく、投資案件が多いクラウドバンクに投資
  • 両方投資して、自分にあった方を選ぶ

いろんな選択肢があるので、自分に合った方法で投資してみてください。

【各公式サイトはこちら】

自分に合った方法を見つけることが大切。人それぞれ正解は違うよ。

タケ

無理のない範囲で投資していくことが大切。自分に合ったものを選んでいこう!

もう一人のタケ

まとめ:クラウドバンクとfundsの特徴!

今回はクラウドバンクとfundsどっちがいいかをまとめました。

答えは人それぞれなので、自分に合った業者を選んでいくことが大切です。

【投資先の選び方】

選択肢はいろいろありますので、自分に合った投資方法を選んで、資産形成を行なっていきましょう!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA