クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

楽ラップ・ウェルスナビ・THEOを徹底比較!何を基準に選べばいいか?

 
楽ラップ・ウェルスナビ・THEOを徹底比較
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

ウェルスナビ・THEO・楽ラップといろいろありすぎ?。

タケ

どれを選んだらいいの?

もう一人のタケ

ロボアドバイザーで代表的なウェルスナビ・THEO・楽ラップ。

今回はこの3社を比較しつつ。解説していきます。

  • 3社を比較した時に、どれがいいのか?
  • 自分に合ったものを選びたいが、何を基準に選んだらいいのか?

ロボアドバイザーを運用する時に気になる点はこのようなところだと思います。

これらの点について、この記事では詳細に解説。

ロボアドバイザーでの運用を検討している方は参考にしてみてください。

結論:楽ラップよりTHEO・ウェルスナビ

楽ラップと他のロボアドを比較した時の結論としては

  • 最初の投資資金が10万円以上ある場合はウェルスナビ
  • 最初の投資資金が10万円未満の場合はTHEO

シンプルですが、こんな結論になっています。

ロボアドで大事なのはいかに海外に投資できるかで、ウェルスナビ・THEOが海外への投資が多め。

楽ラップは国内投資の割合が多いため、私はウェルスナビを中心に投資しています。

THEOも海外への投資が多いですが、機能面でウェルスナビを選んでいます。

機能面の比較についてはこれから説明していくよ。

タケ

結論としてはウェルスナビかTHEO。細かく比較していくよ。

もう一人のタケ

なぜ海外に投資?

なぜ海外に投資するのかと言いますと、日本よりも海外の方が経済成長しているからです。

経済成長している海外に分散投資していくことによって、リターンが得られます。

金融危機など短期的に見れば、落ち込む局面もあるかもしれませんが、長期で見れば上がっていく可能性が高いです。

日本よりも世界経済の方が期待できるので、海外へ投資しています。

海外の方が経済成長。今後もその予想は続いている。

タケ

海外の投資割合が多いロボアドに投資していくよ。

もう一人のタケ

楽ラップ・ウェルスナビ・THEOを比較

楽ラップとウェルスナビ・THEOというロボアドバイザーで比較しました。

  • 最低投資金額
  • 手数料の差
  • 機能面の差
  • 運用商品の差

これらの点を比較していきます。

最低投資金額

最低投資金額は

  • 楽ラップ:10万円
  • ウェルスナビ:10万円
  • THEO:1万円

となっています。

一番安く始められるのはTHEOなので、初期費用をあまり掛けたくない人はTHEOで運用を始めるといいでしょう。

THEOは安く始めたい人にオススメ。

タケ

ただ、運用額だけで投資先を決めるのは良くない。運用プランも考えよう。

もう一人のタケ

手数料の差

ロボアドの手数料は年率1%ほどでそこに加えて。ETFの運用コストやインデックスファンドの運用コストがプラスになります。

ロボアドの手数料は利用手数料+信託報酬の合計金額となりますが、その合計金額は

  • ウェルスナビ:最大1.14%(利用期間によって、手数料が変わる・長期で安くなる)
  • THEO:1.0%(利用額と積立設定の有無で、変動あり)
  • 楽ラップ:0.990%

この表だと楽ラップが最も安いことになりますが、THEOは1万円以上入金し、積立設定もしている場合、手数料0.9%になります。

運用金額によって、手数料が変わってくるんですが、運用するとなると1万円は入金するはずなので、手数料的にはお得です。

手数料を安くするなら、THEOと覚えておきましょう。

手数料は安い方がいいけど、それほど大きな差はない。

タケ

めちゃくちゃ大きく手数料が変わらない限りは運用プラン重視。

もう一人のタケ

機能面の差

機能面の差としては

  • DeTAX機能
  • 長期割(手数料安くなる)

あたりで、ウェルスナビについている機能ですが、今後は他のロボアドでも似たようなシステムが導入されていくと予想します。

THEOでは2019年6月から「THEO Tax Optimizer」という自動税金最適化サービスを開始することを発表。

このような動きが他のロボアドにも拡大していき、機能面の差がだんだんなくなっていく可能性が高いです。

今後の動きに注目していきたいところになります。

新しいシステム開発・サービスに期待。

タケ

どのロボアドでも同様のサービスになっていくと予想。

もう一人のタケ

運用商品の差

どのようなものに投資しているかを比較した表を作りました。

ロボアド業者運用商品
ウェルスナビ米国株
日欧株
米国債
新興国株

不動産
など
楽ラップ国内株式
外国株式
国内債券
外国債券
REIT
など
THEO不動産
米国株
新興国株
先進国国債
先進国国債
海外株式
など

おおよそこのようになっていますが、ウェルスナビ・THEOが海外への投資が多いことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

ロボアドは自動運用なので、運用中にあまり気にする必要はない運用配分ですが、一応理解しておくに越したことはありません。

どんなものに把握しているかは実際に運用していくとわかるので、ザックリとでいいので、チェックしておきましょう。

ロボアドは初心者向けで、細かくチェックしていく必要はなし。

タケ

だけど、少しはチェックしておこう!

もう一人のタケ

楽ラップと他のロボアドの併用はあり?

楽ラップを運用しつつ、他のロボアドも運用する方法も考えられますが、それはあまりオススメしません。

理由としては

  • 同じロボアドバイザーなので、損失時期が重なる
  • 他の投資をした方が投資の知識が増える

ロボアドを2つ運用すると、マイナスの時に2つともマイナスになることが多いです。

プラスの時は全く気にしなくていいんですが、マイナスの時は損失がかなり気になってします。

また、ロボアドだけを運用していると投資の知識が増えていきません。

この点もデメリットになります。

ロボアドは基本的に1つの決めよう

ロボアドは基本的に1つに決めていくことが大切です。

運用実績を比較しているブログなどがありますが、あくまでそれは比較用でしかありません。

複数ロボアドを運用するメリットはあまり感じませんので、やるなら1つで十分。

ロボアド以外の投資に挑戦するのは悪くないと思いますが、ロボアドは1つに決めて、運用することをオススメします。

ロボアドは基本的に1つに決めよう。

タケ

何個も運用していると、資金的にも大変。

もう一人のタケ

楽ラップなどを運用するとラクに資産形成できる

楽ラップなどのロボアドを運用するとラクに資産形成できるのがメリットです。

口座にお金を入れておくだけで運用できるので、

  • 投資を選ぶ時に、どんな商品を選んだらいいか
  • 運用推移を見ていく作業

をしなくてよくなります。

株式投資やFXなどの投資はチャートをずっと見たりしなければなりませんが、ロボアドは放置でOK。

手間が省けるので、投資初心者向けの投資です。

投資未経験の人が始めやすいの投資なので、

運用の勉強をあまりしなくていいのはメリット。

タケ

推移も見ていく必要がないので、初心者向けの投資。

もう一人のタケ

まとめ:楽ラップ・ウェルスナビ・THEOを比較

結論としましては

  • 投資金額は10万円以上の場合はウェルスナビ
  • 投資金額は10万円以内にある場合はTHEO

です。

今いくら投資に掛けられるお金があるかによって、変わってきますので、自分の財布と相談して、投資先を決めてくださいね!

ロボアド自体の特徴や始め方は以下の記事にありますので、ロボアドを始めたい方は一度読んでみてください。

【ロボアドの特徴を知りたい方へ】

【徹底解説】初心者向けロボアドバイザー運用始め方スタートガイド!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.