元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

株価指数CFD米国30購入から5日で+1万8749円の急上昇!

 
株価指数CFD米国30購入から6日で+1万8749円の急上昇!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

株価がめちゃくちゃ上がってます。一気に回復してるんですが!

タケ

そのおかげでかなりの上昇になってるね。米国30もかなり上がったよ!

もう一人のタケ

2020年はかなり難しい相場ではありますが、ようやく米国30を購入することになりました。

そして、購入から5日間で+1万8749円と絶好調の相場となっています。

株価指数CFDに関しては基本的にイギリス100の価格調整額を狙うのがメインの戦略になりますが、米国30も値上がり益狙いで購入。

今後の戦略と現状を今回はまとめました。

株価指数CFD米国30が急上昇中

株価指数CFD米国系が好調です。

6月1日に米国30拘束証拠金7万1256円で購入したんですが、その後も上昇を続けました。

7万1256円の証拠金で1万8000円の上昇ですから、もう十分すぎます。

ただ、これはメインの戦略ではないので、調子の乗らずコツコツと無理せずやっていく予定です。

まぁ、正直、ここまで上がるならもっと買っておけばよかったなと思っていますが、いまさら何を言っても仕方がありません。

アメリカ株は過去の推移を見てもやはり強い

今回のコロナショックでアメリカの主要三指数は下落して、直近の高値から急下落となりました。

しかし、過去のアメリカ株を見てみますと、常に下落から上昇を繰り返している歴史があります。

これが1980年代からのNYダウなんですが、リーマンショックがそこまで大きく見えないぐらい成長中。

そして、一番右端に一気に下がっている地点がコロナショックなんですが、また上昇してきています。

これまでの歴史を見ると、急落があったとしても、その後上昇してきており、過去最高値を更新し続けているのがNYダウです。

ここに少しずつ投資していくことによって、運用益を出していく狙いがあります。

株価指数CFDの基本戦略であるイギリス100戦略

株価指数CFDの基本戦略であるイギリス100長期保有戦略ですが、こちらも少しずつ回復傾向を見せています。

そして、米国30と合わせるとプラス圏まで回復してきました。

3月以降ずっとマイナスで推移してきましたが、プラス転換。

思ったよりも回復が早く、びっくりしている状況です。

ただ、イギリス100の投資に関しては一喜一憂せずに、のんびり長期で運用していきたいと思っています。

イギリス100の戦略は別記事で公開しています。

イギリス100の戦略はブログで公開しています。

数年単位でしっかり増やしていくことを念頭においているので、今回の上下動はそこまで気にしません。

淡々と積み立てていく予定です。

戦略としては簡単で、保有し続けることによって、価格調整額を少しずつ増やしていくだけ。

売買を繰り返したりはしないので、ぜひ参考にしてみてください。

【運用はGMOクリック証券で行っています】

まとめ:株価指数CFDの戦略少し後悔しています

3月や4月の急下落した時にもっと買っておけばよかったなと後悔しています。

この記事も書いてて少し悔しいですが、まだNYダウは一時期に比べて下ですし、そもそもコロナショック第2波があり得る状況です。

なので、少し怖さはありますが、過去の歴史を見ても、長期で見ればアメリカの株価指数は回復しているので、戦略としては悪くないのかなと確認できました。

上手に投資して、資産を拡大していきたいですね!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.