元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

CFDでNYダウに長期投資する手法を徹底解説!

 
CFDでNYダウに長期投資する手法を徹底解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

NYダウに投資するならどんな手法で投資する?

タケ

CFDでNYダウに長期投資する方法を今回はまとめたよ。

もう一人のタケ

CFDでNYダウに投資するにはどうしたらいいの?

今回はCFDでNYダウに長期投資する時の狙いと投資手法をまとめました。

  • CFDでNYダウに投資する方法
  • 具体的にどのように設定していくべきなのか
  • CFDでNYダウに投資するメリットはどこにあるの?

このあたりを解説していて、株価指数CFDに興味がある方には役立つに内容になっています。

結論:CFDでNYダウに長期投資する時の設定

はじめに結論:CFDでNYダウに長期投資する時の設定

NYダウに長期投資する時の考え方は以下の通りです。

【CFDでNYダウに投資するとした時のタケの戦略】

  • GMOクリック証券で米国30に積立投資
  • ロスカットレートを1万ドル台に設定(下落に耐えるため。リーマンショック級があるとロスカットする)
  • 必要資金は7.5万円〜10万円
  • NYダウが2万ドル台前半だと7.5万円前後、2万ドル台後半だと10万円前後が必要資金
  • 7万5000円〜10万円を一定ペースで投資する

私自身値上がり益を狙う時はアメリカの「米国S500」というS&P500に連動した指数に投資していきますが、基本的なやり方はほぼ一緒です。

必要資金もほぼ一緒なので(若干米国S500の方が高い)、上にまとめたような方針で投資をしていきます。

【GMOクリック証券の始め方は以下から】

【株価指数CFD】GMOクリック証券での買い方まとめ!

※ 買い方の解説はイギリス100でしていますが、他の指数でもやり方は同じです。証拠金に注意して投資してください。

ロスカットしないように注意しながら長期的に投資。

タケ

長期的に値上がりしていくのを待つ戦略だよ。

もう一人のタケ

CFDでNYダウに長期投資するなら値上がり益狙い

NYダウの過去30年のチャートを見てみると

リーマンショック時に大きく下がっていますが、長期的に見ると右肩上がりを続けています。

リーマンショックがかわいく見えるほどですが、NYダウに長期投資する=右肩上がりの指数に投資するというのが基本的な考え方です。

なので、これまで通りNYダウが堅調に推移していくと考えるなら、長期的に投資する価値がある指数と言えます。

多少の上下動があるけど、全体を通し見ると右肩上がりになっているよ。

タケ

2010年以降は絶好調で、1万ドルだったものが3倍近くまで上がっているよ!

もう一人のタケ

短期投資は案外難しい

短期で利益を取れれば最もいいんですが、それは簡単ではありません。

  • 市場の予想は非常に難しい
  • 短期で利益を取れる場合もあるが、大損してしまう可能性がある
  • 長期でみると、NYダウは右肩上がり
  • 長期の方が難易度は低い

短期的な動きはプロでも読むのが難しく、よく予想を外しています。

なので、短期的な予想はかなり難しいのが正直なところです。

長期投資はそのような短期投資の欠点を補い、「長期的には成長すると思われる指数」に投資することによって運用益を得ていく考え方です。

短期投資で運用益を得ていくのは簡単ではないよ。

タケ

長期だとNYダウは右肩上がり。そこに投資していくのが基本的な戦略になっていくよ。

もう一人のタケ

CFDでNYダウに長期投資する手法

CFDでNYダウに長期投資する手法

CFDの長期運用はコスト面を考えても、GMOクリック証券がオススメです。

私も株価指数CFDはGMOクリック証券で行っています。

そして、基本的な運用方法は

  • 積立を行い暴落時には積立ペースを上げる
  • 現金余力は必ず残しておく

この2つが基本的な手法です。

基本的には一定スパンで積立

毎月1回や2ヶ月に1回ペースで積立をしているとしたら、そのペースを上げていくのが主要な方法です。

NYダウは米国30に投資することで、投資できますが、長期保有の場合は積立がポイントになります。

  • 毎月1回、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回などの積立ペースを決める
  • 1回の積み立てに10万円ほどの資金が欲しい
  • 暴落時には7.5万円ほどでいい

1回積み立てるのに、10万円ほどは欲しいところなので、毎月の積み立てが厳しい人もいるでしょう。

なので、2ヶ月に1回か3ヶ月に1回ほどのペースでも構いません。

ある程度一定のスパンで積み立てていくことが大事です。

ある程度一定のスパンで少しずつ積み立てていく。

タケ

長期的に投資するなら、これが一般的。同じペースで淡々と積み立てていくよ。

もう一人のタケ

暴落時には積み立て回数を上げる

暴落が起こった時には積み立てペースを上げていきます。

NYダウが2万ドル台後半だと積み立てに10万円ほど欲しいですが、2万ドル台前半であれば、7.5万円〜8万円で十分です。

これは必要な証拠金が減るためで、暴落時には通常時よりも短いスパンで投資することができます。

  • 2万5000ドルより上→1ヶ月1回投資
  • 2万5000ドルより下→2週間に1回ほど投資

と決めておくと、わりかし投資しやすいです。

暴落時には必要な証拠金が少なくなる。

タケ

株価が安くなると必要な証拠金が減るから、安く投資できるようになるよ。

もう一人のタケ

なぜその金額?

なぜ先ほどのような金額なのかと言いますと、ロスカットレートとの兼ね合いです。

リーマンショックの時はNYダウが半分以下にまで値を下げましたが、仮にそれと同じ水準で値を下げたとすると1万4000ドル近辺にまで落ち込むことになります。

それに耐えるとまでは言いませんが、少なくとも2万ドルを割り込んでも耐えられる程度の設定にはしておきたいところ。

【米国30投資金額の考え方】

  • ロスカットレートを1万ドル台に設定する
  • そのためには7.5万円〜10万円程度の資金が必要
  • 一定期間で積み立てていく

この考え方がCFDで米国30に投資する基本戦略です。

米国30に投資するとしたらこんな感じ。でも、個人的には米国S500の方が優先順位が高い。

タケ

同じアメリカへの投資で必要資金もそれほど変わらない。米国S500への投資も見ていくね!

もう一人のタケ

CFDでは米国S500に長期投資もあり〜値上がり益をより狙える〜

CFDで値上がり益を狙うなら、同じ米国でもS&P500に連動した指数への投資もできます。

必要資金はさほど変わらないので、個人的にはこちらを優先。

  • ここ数年の値上がりではS&P500は優秀

なので、値上がりを狙う場合はこちらの指数に投資しています。

米国30へ投資する時と方針は変わらないですが、ロスカットレートは1800前後に設定していくのが基本路線です。

2000を割り込むことはそこまでないかと思いますが、そこも想定してビビリ気味にロスカットレートを想定していきます。

米国S500の方がやや利回りが狙えるけど、大差はないし、今後はわからない。

タケ

米国S500の方が証拠金は少ないので、好きな方に投資してOK。

もう一人のタケ

NYダウ1000ドル上昇で0.1枚あたり約1万円の運用益が狙える

GMOクリック証券では0.1枚からの保有が可能です。

ざっくり計算ですが、NYダウ1000ドル上昇で、米国30は1万円程度の運用益になります。

反対に1000ドル下落だとマイナス1万円です。

私タケの戦略では暴落時に株価指数CFDを買い増しする戦略なので、2020年は買い増しを続けていきます。

具体的な戦略は無料noteで公開中なので、そちらも参考にしてみてください。

ロスカットレートの設定は結構ビビリ気味で想定しているよ。

タケ

リーマンショック級がこなければロスカットはしない設定。リーマンショックがきたら厳しい数字。

もう一人のタケ

まとめ:CFDでNYダウに長期投資する方法

CFDはGMOクリック証券が手数料の面でもよく、米国30に投資することによってCFD取引が可能になります。

【CFDでNYダウに投資するとした時のタケの戦略】

  • GMOクリック証券で米国30に積立投資
  • ロスカットレートを1万ドル台に設定(下落に耐えるため。リーマンショック級があるとロスカットする)
  • 必要資金は7.5万円〜10万円
  • 2万ドル台前半だと7.5万円前後、2万ドル台後半だと10万円前後が必要資金
  • 7万5000円〜10万円を一定ペースで投資する

※ 基本的には米国30ではなく、米国S500で値上がり益を狙っています

米国S500というS&P500に連動した指数もあり、値上がり益を狙う投資ではこちらが有力な選択肢です。

具体的には以下の記事や動画に買い方をまとめてますので、そちらを参考にしてみてくださいね!

 

元月収10万円でもできる

2020年利回り10%狙いの投資戦略

株価大暴落で、戦略を変更

利回り10%狙いの投資に切り替えました。

無料noteで公開中!

2020年暴落でも動じない利回り10%超えの投資戦術

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

【各投資の運用実績を公開しています】

利回り10%超えのハイリスク・ハイリターン投資「トラリピ」
トラリピの運用記録をブログで全公開!いい点とダメな点はどこ?

毎月分配で年利6%超えのほったらかし運用「クラウドバンク」

クラウドバンクをやってみた!感想と実績を包み隠さず公開!

毎月の価格調整額(配当)メインのハイリスク・ハイリターン投資「株価指数CFD」

株価指数CFDの始め方と運用実績

長期ほったらかしの自動運用「ウェルスナビ」

ウェルスナビをやってみた!運用実績を公開(最新情報更新)

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

元月収10万円フリーターの運用利回りランキング

 

【Twitter運用中】




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.