クズフリーターの運用記録

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

クラウドバンクとmaneoはどっちがいい?徹底比較で見えたもの

 
クラウドバンクとmaneoどっちがいい?
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

クラウドバンクとmaneoはどっちがいい?

ソーシャルレンディング業者の中でも、クラウドバンクとmaneoに注目している人向けに、その2社を比較しました。

  • 過去の実績は?
  • 利回りが高いファンドが多いのはどっち?
  • 投資できるファンド数が多いのは?

などの観点からクラウドバンクとmaneoを比較していきます。

投資に興味を持っている方やソーシャルレンディングに挑戦してみたい方は是非読んで頂けたら嬉しいです。

クラウドバンクとmaneoって、どっちがいいの?

タケ

人それぞれ見方が違うし、投資方針が違う。特徴をきちんと捉えることが大事。

もう一人のタケ

クラウドバンクとmaneoはどっちがいいか徹底比較

クラウドバンクとmaneoを比較した時にポイントとなるのは

  • 過去の運用実績
  • 投資できるファンド数
  • 利回り

このあたりを把握しておけば、比較的簡単に投資することができます。では、これらの点を比較していきます。

maneoで訴訟発生

maneoを相手に投資家が集団訴訟を起こしたというニュースが流れました。

投資した資金が発表されていた方法と異なる運用に使われたというもので、悪質なケースです。

デフォルトも起こっており、2019年のmaneoの運用状況は決していいとは言えません。

これから先もmaneoに関しては注意して運用状況をチェックしていく必要があります。

maneoの雲行きはかなり怪しいと言わざるを得ない。

タケ

2018年あたりから延滞などが目立ってきたので、様子見しています。

もう一人のタケ

ファンドはmaneoが多い

クラウドバンクとmaneoを比較すると投資できるファンドの数は圧倒的にmaneoの方が多いです。

なので、多くの案件に投資したい場合はmaneoになりますが、その弊害が出てきた例が先ほどの訴訟案件です。

投資対象が多くなれば、

  • 訴訟が起こるような案件が出てくる
  • チェックが甘くなる

といった問題点も出てきます。

どのようなファンドがいいのかを見極める判断能力があれば、ファンドの数の多さはメリットになりますが、見極める力がない人にとってはデメリット。

私は案件が多すぎるので、maneoには投資していません。投資対象が多い場合は自分自身の能力を考えて判断する必要があります。

ソーシャルレンディングのファンド数の多さはメリットとデメリットがある。

タケ

ファンドが多いのがいいとは一概には言えないよ!

もう一人のタケ

過去のデフォルト率の低さはクラウドバンク

過去のデフォルト率は公式サイトから見ることができますが、maneoは元本割れや遅延が増えてきました。

クラウドバンクは2019年4月の時点ではデフォルトが起こっていません。

ソーシャルレンディングはデフォルトが起こると元本を取り戻すのがかなり難しくなります。

過去の運用実績もかなり投資の参考になるので、チェックしておきましょう。

※ 最新の運用状況はクラウドバンクmaneoの公式サイトで確認してください。遅延やデフォルトが新しく発生している可能性があります。

利回りの良さはmaneo

maneoは案件が多いので、利回りが低い案件から高い案件まで様々です。

なので、利回りのいい案件はmaneoで見つけることができますが、先ほども触れたようにデフォルトを避けることが大事です。

利回りに目がくらんで、リスク回避をおろそかにすることが1番やってはいけないことなので、利回りに振り回されないようにしましょう。

利回りのいい案件も多く並ぶmaneo。

タケ

クラウドバンクは6%~7%台が多いのに対して、maneoは10%台のものもある。

もう一人のタケ

クラウドバンクとmaneoの共通点

様々な違いがあるクラウドバンクとmaneoですが、それぞれに共通点もあります。

その共通点をここからは解説していきます。

運用期間・利回りが決まっている

運用期間や利回りが決まっているのがソーシャルレンディング全般の特徴です。

決まっていることが多いと運用の計画が立てやすいというメリットがありますが、計画通りにいかないこともあります。

遅延やデフォルトが起こるのがいい例です。

そんなデメリットもありますが、基本的には運用期間と利回りどおり運用されるのが共通点になります

ソーシャルレンディングは利回りと運用期間が決まっているから、計画が立てやすい。

タケ

自分で終わりを決めなくてもいいのが楽。株のように売りのタイミングをミスすると損したりするものじゃない。

もう一人のタケ

クラウドバンクとmaneoならどっちを選ぶ

クラウドバンクとmaneoのどっちを選ぶかは個人次第ではありますが、私としたはクラウドバンクです。

1番の原因は最近のmaneoの訴訟問題やデフォルトです。

延滞も多くなっているので、あまり積極的に投資しようとは思いません。

クラウドバンクは利回りもそんなに悪くないですし、これまでの運用実績を考えても、投資対象としてわるくないです。

なので、maneoとクラウドバンクなら、クラウドバンクを選びます。

maneoとクラウドバンクなら、クラウドバンクです。

タケ

訴訟問題はやっぱり大きい。

もう一人のタケ

1円から投資できるfundsが2019年誕生

クラウドバンクやmaneo以外にもソーシャルレンディング業者はありますが、2019年に貸付ファンドfundsというものが誕生しました。

ソーシャルレンディングとは若干違うものの、投資家がやる作業はソーシャルレンディングと変わりありません。

なので、ソーシャルレンディングの中に位置付けるようなケースもあります。

fundsのメリットは1円から投資できるという手軽さで、お試し感覚でも投資できます。

  • 最初は少額で始めたい人
  • 今の段階で予算がない人
  • とりあえず、勉強がてら投資したい人

にfundsはオススメです。

参考記事も別記事で用意してますので、fundsに関してはそちらも参考にしてみてください!

利回りと運用実績を考えたら、クラウドバンクだけど、fundsの少額でできるメリットは大きい。

タケ

少額で始めたい場合はfundsへの投資もあり。

もう一人のタケ

まとめ:クラウドバンクとmaneoどっちがいい?

クラウドバンクとmaneoどちらがいいかは個人の投資方針にもよりますが、デフォルトリスクをできるだけ抑えることがソーシャルレンディングでは重要です。

ソーシャルレンディング業者の中でも

  • リスクを抑えることを重視する業者
  • リスクは多少大きくてもリターンを重視する業者

などいろんな特徴があります。

2019年はmaneoの訴訟問題が発生したりして、maneoには逆風が吹いている状況です。

リスク面で決していい状況とは言えないので、投資する際は慎重にするか他のソーシャルレンディング事業者を活用しましょう。

自分の投資方針をしっかり決めて、その方針にあった業者で投資してみてくださいね!

【公式サイトは以下から】

【参考記事】

ソーシャルレンディングってどう?フリーターでもできた運用の始め方

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.