貯金ゼロ男が運用額500万円突破

元月収10万でもできた利回り10%狙い投資戦略【3万円から可能】

長期投資の買い時がやってきた!?暴落後投資のメリット・デメリット

 
長期投資の買い時がやってきた!?暴落後投資のメリット・デメリット
この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

長期投資の買い時がやってきた!?

タケ

暴落後に投資するメリットとデメリットをまとめたよ!

もう一人のタケ

長期投資をするのに、買い時がやってきた!?

2020年3月に大暴落があって、かなり安く買える状態になってきました。

このような状況で考えることは・・・

「もしかして、今買えば一気に上昇を掴めるのでは!?!?」

という淡い期待ですが、このような暴落局面で投資を開始するメリット・デメリットをしっかり把握しておかなけばなりません。

暴落後の2020年は長期投資の買い時なのかを考えてみました。

長期投資の買い時がやってきた!?

長期投資の買い時がやってきた!?

長期的な投資をするにあたって、2019年までは株価が高値圏にあり、手が出しにくい状況でした。

  • 長期投資を始めたとしても、暴落が怖い局面だなぁ・・・
  • でも、ずっと右肩上がりできてるし、投資したいなぁ・・・

という2つの感情がありましたが、現実は大暴落。

2019年に積極的に投資をした人にとっては辛い状況となりましたが、暴落からの反転を狙う人にとっては買い時がやってきたといっても過言ではありません。

では、暴落後に長期投資を始めるメリットとデメリットは一体どこにあるのでしょうか?

暴落後に長期投資を始めるメリットは一体どこにあるんだろう?

タケ

暴落後の投資で気をつけたいこととそうじゃないことをまとめたよ。

もう一人のタケ

暴落後に長期投資を始めるメリット

暴落後に長期投資を始めるメリット

暴落後の長期投資を始めるメリットとしては

  • 上昇と掴める可能性がある
  • 値下がり幅が限定されている

これらの点が大きなメリットです。

上昇を掴める可能性がある

上昇を掴める可能性があるのは暴落後に投資する大きなメリットです。

やはり、大きな上昇を掴むには暴落後がよく、そこで投資できてうまく上昇を掴んだ人は運用益が大きめ。

ピンチでありチャンスでもあるのが暴落後の局面です。

実際にリーマンショックではかなり大きな下落がありましたが、そのあとは見事に上昇しています。

【1980年以降のNYダウ】

株価指数

リーマンショックの下落は確かに大きいですが、その後の10年間は一気に上昇していて、リーマンショック後の3倍・4倍に株価が上がっています。

底を掴むのは簡単じゃないにしても、その付近を掴むことができれば、一気に資産拡大することが可能です。

暴落後に回復しなかった事例は過去のアメリカを見ればない。

タケ

2020年の暴落は別物と考えれば、今後上昇しない可能性もある。過去の歴史通りに動くと考えれば、どこかのタイミングでまた上昇する。

もう一人のタケ

値下がり幅が限定されている

値下がり幅が限定されているのが暴落時の強みです。

リーマンショック時は50%以上値を下げていましたが、今回のケースにリーマンショックを当てはめるとNYダウは1万4000ドルほどまで下げることになります。

この記事を書いている時のNYダウは1万9000ドル近辺なので、あと5000ドル。

  • リーマンショック級に下がるとしても、あと5000ドルしか下がらない
  • リーマンショック以上だったとしても、下げ幅が限定されている
  • 3万ドル→2万ドルはあり得たが、2万ドル→1万ドルはないと考えられる

ある程度下落しているので、ここからの下落幅は限定的。

なので、下落の幅という意味では投資がしやすいのが暴落後です。

暴落後は下落余地が少ないのがメリット。

タケ

ただ、どこまで下落するのかは誰にも予想できない。

もう一人のタケ

暴落後に長期投資を始めるデメリット

暴落後に長期投資を始めるデメリット

暴落後に長期投資を始めるデメリットは

  • さらなる暴落に巻き込まれる可能性がある
  • 長期的に回復しない場合がある

これらの点です。

さらなる暴落に巻き込まれる可能性

暴落が一旦落ち着いたと思ったら、さらに暴落する可能性があります。

3万ドルから2万ドルまで急降下して、一旦落ち着いたと思っても、そこからさらに下落する可能性を考えておかないといけません。

  • 落ち着いたと思ったが、悪い経済指標が出てきて、さらにマイナスになった
  • 悪材料が思ったよりも多く出てきた

ふとしたきっかけでさらに暴落することは珍しいことではありません。

徐々に下落するケースもあり、暴落が終わったと思っても、どんどん下落していくのがデメリットです。

さらなる暴落に巻き込まれる可能性はかなりあるよ。

タケ

下落の余地がないと思ったところからの下落はしっかり考慮しないといけないね!

もう一人のタケ

長期的に回復しない場合がある

長期的に回復しない場合があるので、その場合の注意も必要です。

1年〜2年ぐらい全く回復せずに、株価が低調なんてこともあり得るので、そこは想定しておきましょう。

  • 投資した資金が徐々に目減りし、一向に回復傾向が見えてこない
  • メンタル的にきつい

長期的な投資を考えていたとしても、下落時の1年は意外と長いです。

1年も2年も資産がマイナスのなることはありますので、そこはしっかり警戒しておきたい点になります。

意外と長期的に資産が回復しない可能性があるから、そこはしっかり警戒しよう!

タケ

短期で回復してくれれば楽だけどね。そうはいかない時もあるね。

もう一人のタケ

5年以上の長期投資なら、今は買い時

5年以上の長期投資なら、今は買い時だと考えます。

リーマンショックでも5年あれば立ち直ってますし、5年以上スパンなら上昇する可能性が高いと考えるからです。

ただ、気をつけておきたいのは

  • 資産を一気に全力投入しない
  • 毎月・毎週など一定間隔で投資して、底からの上昇を拾うイメージで数年投資する

一気に投資してしまうとその後の暴落に耐えられない可能性があります。

なので、ある程度株価が低い状態が続くと見込んで、定期的に買っていくと一気に損をするなんてことは防げます。

1年〜2年スパンでじっくり株を蓄えていくイメージです。

一気にドカンと投資した後にすぐ上昇すればそれでもいい。ただ、その保証はない。

タケ

1年〜2年スパンぐらいで下落した株価を掴んでいくイメージ。そして、5年ぐらいのスパンで待つ。

もう一人のタケ

現金余力は常にキープが絶対条件

現金余力は常にキープしておかないと余裕がなくなってしまいます。

  • さらなる下落が起こった時に追加できる資産を常に残しておく
  • 現金を使い果たすことがないように、自己コントロールする

この2点が重要になってきますので、現金余力を使い果たすことだけはないようにしておきましょう!

現金がないと冷静な判断がしにくくなります。

現金が手元に残っている状況であれば、さらなる投資をするしないの判断もできますし、無理な投資をする確率も減りますよ!

現金余力は常にキープするのが条件になってくるよ。

タケ

現金がないとマジでヤバイ!おかしな投資をしてしまうきっかけになりかねないよ。

もう一人のタケ

まとめ:長期投資の買い時がやってきた?暴落後投資のメリット・デメリット

まとめ:長期投資の買い時がやってきた?暴落後投資のメリット・デメリット

長期投資の買い時がやってきた?

暴落後に投資するメリットとデメリットを今回の記事ではまとめました。

暴落後に投資することができれば、暴落後の上昇を捉えることができますが、さらなる暴落が起こりやすい局面でもあります。

【この記事のポイント】

  • 暴落時は上昇を掴める可能性がある
  • 暴落時は値下がり幅が限定されている
  • さらなる暴落に巻き込まれる可能性もある
  • 長期的に回復しない場合もあることを想定しておく
  • 現金余力を常に残しておく

「もう投資できる資金がない!」となるのはあまりよくないことで、常に追加投資資金を残しておくようにしましょう。

そうすると、さらなる下落が起こっても追加で投資し続けることができますし、現金が手元にあるので、安心です。

暴落時は無理をせずに、余力を残しつつ、上昇を掴めるようにしていきたいですね!

 

★高利回り狙いの投資★

利回りは5%以上を狙う!

具体的な戦略と実績を公開しています。

 

★あなたに合った投資はどれ?★

収入別・目的別に投資を紹介。

少額で簡単に経験できる投資から、高利回り投資までをまとめてます。

要チェック!

この記事を書いている人 - WRITER -
30手前まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額500万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。