元月収10万円フリーター

元月収10万でもできる2020年利回り10%狙い投資戦略

【超初心者向け】インデックス投資の始め方徹底ガイド!

 
【超初心者向け】インデックス投資の始め方徹底ガイド!
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。

インデックス投資はどうやって始めればいいの?

タケ

今回は証券口座開設から投資銘柄選びまでインデックス投資の始め方を解説したよ!

もう一人のタケ

インデックス投資はどうやって始めればいいいの?

そういった悩みを抱えている方に今回はインデックス投資の始め方を徹底解説します。

  • 証券会社はどこを選べばいい?
  • どこにどう投資したらいいのかわからない。

そういった悩みを抱えている人でも、投資を始められるような記事になっています。

やり始める前は少し大変だと思うかもしれませんが、やってしまえばそこまで難しいことではありません。

投資中級者の方はあまり参考にならない記事だと思いますが、初心者の方にとっては参考になる記事になっています。

正直、中級者以上の方は読む意味がないぐらい簡単な記事になっていて、「つみたてNISAって何?」ぐらいに思っている初心者の方向けの記事です。

投資初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

インデックス投資の始め方はつみたてNISAから

インデックス投資の始め方はつみたてNISAから

インデックス投資の始め方で迷う点としては

  • どの証券会社を使うのか?
  • どのファンドに投資するのか?

この2点が大きなポイントですが、基本的にはつみたてNISA枠を使って投資を始めます。

つみたてNISA枠を使って投資すると運用益非課税枠があるので、税金面での優遇を受けることができます。

なので、まずはつみたてNISA枠を活用して、インデックス投資をしていくことになりますが、具体的にどのように始めていったらいいのでしょうか?

つみたてNISA枠を使うというのが大原則。

タケ

年間40万円まで枠があるから、それを使うのがポイント。

もう一人のタケ

楽天証券かSBI証券がオススメ

証券会社は楽天証券かSBI証券がオススメです。

なぜかと言いますと、手数料などの費用面でも問題なく、ポイントを有効活用できるから。

私は両方とも使っていますが、楽天証券の方がポイントとの互換性がいいです。

【楽天証券とSBI証券のメリット】

  • 楽天証券:楽天スーパーポイントが貯まる、使える
  • SBI証券:毎日積立ができる

このようなメリットがあり、SBI証券の場合は毎月ではなく毎日積み立てることもできますが、インデックス投資の場合は毎月積立でもそれほど問題はありません。

私個人としては楽天スーパーポイントを使える楽天証券の方がオススメですが、どちらの証券会社でも問題なく投資することができます。

楽天スーパーポイントを使って投資をすることができる。

タケ

クレジット決済でポイントも貯まる。楽天証券の方がポイントの使い勝手がいいね!

もう一人のタケ

インデックス投資を初心者が始める時の最大の問題点:どの投資信託へ投資?

インデックス投資を初心者が始める時の最大の問題点はどの投資信託に投資するかです。

つみたてNISA口座の作り方は先ほどの記事を参考にしていただきたいんですが、その口座を作った後にどこに投資すればいいのかが悩みどころ。

初心者の方には難しいですが、その場合の投資先として挙げられるのが3つあります。

2019年のランキングからみる投資信託

どこに投資したらいいのかの判断基準は

  • 投資先
  • 手数料(信託報酬)

この2つがかなり大きな材料で、この2つをしっかりチェックしておく必要があります。

そして、2019年人気の投資信託としてはeMAXIS Slimシリーズが挙げられます。

2019年のランキング上位にランクインしていて、1位〜3位を独占。

20位以内にかなりランクインしていて、上位を独占する人気の投資信託です。

なぜ人気なのかと言いますと、手数料の安さで基本的にeMAXIS Slimシリーズを選べば手数料面でも間違いはありません。

私もこのシリーズは積み立てています。

いろんな投資信託があるけど、このシリーズは手数料面がいい。

タケ

ランキングでも上位独占しているファンドだよ。

もう一人のタケ

インデックス投資の始め方〜eMAXIS Slimシリーズの詳細〜

インデックス投資の始め方〜eMAXIS Slimシリーズの詳細〜

ここまで証券会社でつみたてNISA口座を開設する方法とeMAXIS Slimシリーズを見てきました。

ここからはeMAXIS Slimシリーズの詳細ですが、先ほどの写真のようにeMAXIS Slimシリーズでもいくつかあるのがお分かりいただけると思います。

基本的には上位のものでいいと思いますが、どのような違いがあるか簡単にみていきましょう!

投資対象が違う

投資信託

これらのファンドの何が違うかと言いますと、投資先です。

名前を見ればわかるんですが、

  • 全世界株式→世界に投資
  • 米国株式(S&P500)→アメリカの指数S&P500に投資
  • 先進国株式→先進国に投資

となっています。

基本的にはトップ3に入っているものから選んで問題ないと思いますが、判断の基準として、

【ファンドの判断基準】

  • 世界に分散投資したい(1つの国に投資するのは危険と考える)→全世界株式
  • 世界よりアメリカがいい→米国株式
  • 先進国だけに投資したい→先進国株式

個人の考え方次第ということになりますが、基本的にどれに投資してもアメリカ中心にはなります。

世界全体がいいと考えるのか、アメリカがいいと考えるのか、先進国だけがいいと考えるのかの違いです。

どこに投資するにしてもアメリカ中心になるのは変わりない。

タケ

アメリカ1つなのか、世界全体なのか、先進国だけなのかの違い。ランキング的には全世界が人気。

もう一人のタケ

インデックス投資は毎月の積立設定をして、長期投資する

インデックス投資は毎月積み立てて投資していくのが基本なので、まずは積立設定をします。

この記事を参考にしながらやっていただければと思いますが、実際にやってみると簡単ですし、あとで積立設定を修正することもできますので、まずは操作してみるのがオススメです。

  • 毎月積み立て設定をする(SBI証券の場合は毎日積立でもOK)
  • 無理のない金額で積立設定を行う

この2つをしっかりしていくことが大事なので、まずはしっかりと積立設定を行いましょう!

インデックス投資の基本は長期・積立・分散。これをしっかりすることが重要。

タケ

分散は投資信託に投資した時点でOKだから、あとは長期的に積立するだけ。

もう一人のタケ

暴落しても積み立て続けることが重要

この記事を書いている真っ最中に暴落が起こっているわけですが、インデックス投資の場合はこのような状況でも淡々と積み立てていくことが大切です。

どの投資をしているかによって、暴落時の対応は変わってきますが、インデックス投資の場合は毎月淡々と積み立てるのみ。

  • 暴落しても慌てない
  • 大きなマイナスが出るけど、淡々と積み立てる
  • 暴落から徐々に回復した時に成果が出る

というようになっているので、暴落時にも淡々が大事です。

世界経済は着実に成長している。金融危機で暴落があったとしても、そこから上がっているのが今までの歴史。

タケ

リーマンショックの時でも上がってきたよ。

もう一人のタケ

まとめ:インデックス投資の始め方徹底ガイド!まずはつみたてNISA枠

まとめ:インデックス投資の始め方徹底ガイド!まずはつみたてNISA枠

インデックス投資の始め方を今回は解説しました。

手順としましては

【インデックス投資の始め方】

  1. つみたてNISAを活用する
  2. 楽天証券かSBI証券がオススメ
  3. どの投資信託を選ぶかは個人の自由だけど、eMAXIS Slimシリーズが人気
  4. 毎月の積立設定をしっかりする

まとめるとこんな感じで、意外とやることは少ないです。

口座開設自体は無料でできますので、ハードル低め。

インデックス投資を始めたいという方はこの方法を参考にしてみてくださいね!

 

★元月収10万円フリーターの投資・在宅収入情報発信★

月収10万円から400万円以上投資!

でも、まだ人生逆転してません。同点です。

そんな元貧乏投資家の投資戦略を公開中

気軽に登録してね!

友だち追加

ブログ記事に関する質問・メッセージもこちらから!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳(2016年)の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから在宅収入と投資を始め、2020年には投資金額400万円超え。在宅収入のみでの生活へ移行している。お金がない人でも始められる資産運用情報を発信し、運用実績や各資産を公開している。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 元月収10万円フリータータケの鬼投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.