元月収10万フリーターが200万以上運用

元月収10万男が全投資実績と預貯金を完全公開

人生100年時代への備えを厚くするために今できる資産運用の始め方

 
人生100年時代への備えを厚くするために今できる資産運用の始め方
この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

人生100年時代を生き抜くのはお金的に無理。

タケ

でも、なんとかしなきゃいけない。あなたはどうする?

もう一人のタケ

人生100年時代と言われ、100歳まで生きていく時代になると言われていますが、老後の不安は消えません。

  • 老後の資金2000万円不足問題
  • 終身雇用制度の崩壊

このような問題が立ちはだかっていて、先行きは不安だらけ。

そんな不安を解消するためには一体どうしたらいいのか?

今回は人生100年時代の備えを厚くする「今できる」資産運用の始め方を解説します。

人生100年時代の備えを厚くするには早い行動が必要不可欠

老後のことは老後に考えるとなると、正直手遅れだと言わざるを得ません。

定年退職した後に資産運用を始めようとすると

  • よくわからない投資信託を紹介される
  • 銀行や証券会社に行くと、手数料が高い投資信託を勧められる
  • 結局、損をする人が多い

定年退職した後に資産運用を始めようとして、資産を大きく減らす人もいますので、定年退職後に資産運用を始めるではダメなんです。

定年退職まで資産運用の経験がない人は定年後にダメ投資信託に手を出してしまう。

タケ

大手会社のダメ商品に手を出してしまう。大手でもヤバイ商品ヤバイことを認識しておかないとダメ。

もう一人のタケ

定年後騙されないために

定年後にダメ商品を買わされないように、若い時から資産運用を始めておく必要があります。

せっかく貯めた老後資金があっという間にパーになってしまったら大変です。

将来ダメな商品を買わされないためには

  • 若いうちから資産運用を勉強しておく
  • 資産運用の知識を最低限持っておき、騙されないようにしておく

この2つが大事です。

退職間近になると、様々な銀行や金融系の会社があなたのアプローチをかけてくるようになります。

その時に「大手が勧めてくるからやってみようかな・・・」とならないように、自分自身で投資商品を見極める術を持っておきましょう!

自分自身で判断する基準を持たないと、定年後に大変な目にあうかもしれない。

タケ

実際に定年後の資産運用で大きく損をしてる人もいる。資産運用に知識はあるに越したことがない。

もう一人のタケ

人生100年時代で資産運用をやる人が急増!情報格差が深刻になる

今後は老後問題がさらに深刻化し、資産運用をやる人が急激に増えていくでしょう。

そうなると、

  • 資産運用に関して、しっかり行動を起こして運用する人
  • 資産運用の方法さえ知らない人

この2つに分かれていきます。

今はネット社会で、情報の格差が大きくなっており、「知っている人は知っている」「知らない人は知らない」時代です。

20代のうちから運用経験を積んでいる人と定年退職まで運用経験を積んでない人では大きな差が出ます。

今はネットがあるので、とことん調べることができる。

タケ

まずは資産運用の知識を高めていこう!

もう一人のタケ

20年後に大差

資産運用のシミュレーションを出してみました。

年数運用元本運用益
1年目100万円105万円
2年目105万円110万2500円
3年目110万2500円115万7625円
4年目115万7625円121万5506円
5年目121万5506円127万6281円
6年目127万6281円134万95円
7年目134万95円140万7099円
8年目140万7099円147万7454円
9年目147万7454円155万1327円
10年目155万1327円162万8893円

これは100万円を年利5%で運用した場合の運用益ですが、10年後には資産が1.5倍以上になっている計算です。

また毎月3万円を20年間運用した場合は

720万円の元本が1233万円になっていて、貯金をしている場合より500万円ほど元本が増えています。

投資がギャンブルだと言われがちですが、長期的視野で取り組んでいくことが大事。

「短期で一気に資産2倍!」のような考えだと大損してしまう可能性がありますので、長期的な視野で運用していきたいところです。

短期的に一気に儲ける方法がなんだかんだ人気。

タケ

だけど、それは半分罠にハマっていると言っても過言ではない。。

もう一人のタケ

人生100年時代の備えを厚くする資産運用の第一歩は?

人生100年時代の備えを厚くする資産運用の第一歩は一体何があるのでしょうか?

大事なのは最初からドカンと資金投入するのではなく、少額で経験を積むことです。

少額投資を知っておこう!

投資を少額で始めれば、損したとしても数千円〜1万円程度で済みますし、リターンが受け取れる経験も積めます。

資産運用の第一歩はまず1万円以内の少額投資で、1万円以内で投資できる方法としては

1万円ほどの金額なら、損したとしてもそんなに大きくないですし、実際にリターンを受け取る経験もできます。

まずは少額投資を経験し、その後でつみたてNISAなど活用しておきたい投資も経験しておくと資産運用の知識が大きく高まります。

タケ

もう一人のタケ

ある程度理解できたら、少額で株式投資

株式投資はハイリスク・ハイリターンな投資ですが、経済のことが理解できるので、経験しておきたい投資です。

ですが、いきなり挑戦すると損をする人も多いのが株式投資なので、こちらも少額からがよく、10万円以内で始めれば損しても数万円で済みます。

また、

  • 四季報を見てみる
  • モーニングサテライト(テレビ東京)を見る
  • 日経新聞を読む

こういったところから、勉強をスタートすることもできます。

経済を理解することは今後のためになりますので、少額投資とともに経済への知識を高めましょう!

経済を理解することは今後のために必ずなる。

タケ

難しい印象があるけど、最初はモーニングサテライトを毎日流し見程度でもOK。

もう一人のタケ

人生100年時代の備えを厚くするには早く経験することが大事

人生100年時代の備えを厚くすることは今やることが必要です。

先ほど投資のシミュレーションをしましたが、年々運用益を大きくすることができ、投資期間が長ければ長いほど運用のメリットを享受できます。

  • 早く始めた方が運用への知識が早く吸収できる
  • 長期運用が可能になる

資産運用は長期的にやるもので、早く始めれば始めるほど長期で運用することができます。

最初は少額で経験して、徐々に知識をためていきましょう。

投資なので短期的に損が出たりする局面はありますが、長期的な視野で見ると有効です。

今後の日本を考えると、資産運用の知識はあるに越したことがないので、ぜひ資産運用の知識を高めていきましょう!

資産運用の知識を少しずつ増やしていけば、お金の知識はだいぶ増える。

タケ

少額投資をきっかけにどんどん投資知識を増やそう。私も最初は1万円の投資だったけど、今は200万円以上投資しているよ!

もう一人のタケ

まとめ:人生100年時代への備えを厚くする方法

人生100年時代の備えを厚くする方法は資産運用の知識を高めること。

資産運用の知識がないまま定年退職を迎えてしまうと、定年後にダメダメな投資商品を買わされてしあう可能性があります。

【資産運用の始め方】

運用は長期的に行えば行うほど効果が大きくなっていくので、まずは少額で始めましょう。

いきなりドカンと投資して、大儲けを狙うのが一番リスクが高い方法なので、まずは少額からです!

この記事を書いている人 - WRITER -
27歳の時まで月収10万円だったフリーター。 そこから鬼投資や鬼在宅収入を行うことで、どこまで資産を増やせるかをブログで公開!運用実績や各資産を捨て身で公開している。 【副収入系ブログ】 https://sakkagoro.com/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無職フリータータケの鬼投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.